2010年04月05日

<震度計>26地点で運用停止 軟弱地盤で過大観測(毎日新聞)

 気象庁は30日、自治体と防災科学技術研究所(茨城県つくば市)が設置した全国26地点の震度計について、震度情報の発表を取りやめた。地盤が軟らかいなどの影響で、震度が過大に観測されるため。そのほかの29地点も観測精度が低い恐れがあるが、周辺に震度計がないため運用を続け、10年度中の移設・改修を求める。

 震度計を巡っては、08年7月の岩手県沿岸北部の地震で最大震度を過大観測するトラブルが発生。09年度から設置環境基準を厳格化し、全国調査しており、自治体と防災科研の設置分については計約3600地点のうち約2100地点の調査を終えた。

 石川県穴水町の震度計では07年の能登半島地震で最大震度6強が観測されたが、実際は6弱だった可能性があるという。

 残り約1600地点の調査は10年度中に終える予定。【福永方人】

【関連ニュース】
チリ津波:気象庁の対応、「適切」6割 東大地震研調査
無人偵察機:実物大模型を日本初公開 東京・大田の展示場
神戸市:震災再開発事業で初の行政代執行
気象庁:チリ津波「過大」発言…長官は「おわび不要」
写真展:笑顔で乗り越えた被災地の子どもたち 東京

班目、森本氏らを同意=8機関32人−国会(時事通信)
「捜査員の労苦に敬意」=銃撃事件時効で国松元長官(時事通信)
日本の技術を国際標準化=「知財」推進で三つの柱−政府(時事通信)
大阪市公金の返還求める、市公正職務審査委が勧告(産経新聞)
日本医師会で配達の花発火=けが人なし、脅迫容疑視野に捜査−警視庁(時事通信)
posted by トムラ ミツル at 11:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。